イタリアン 野菜料理

バーニャカウダ

 バーニャカウダといえば、ご存じの方も多いと思いますが、イタリア語で暖かいお風呂を意味します。生野菜や茹で野菜をたっぷり食べられるこのソースは、野菜があまり得意でない方にも大評判。ワインにももちろん合いますし、大勢で山もりのお野菜をいただけば、立派なおもてなし料理。作り方も簡単です。裏ごしなどのひと手間はかかりますが、決して難しくはありません。

ー材料
バーニャカウダソース
 オリーブオイル 200cc
 ニンニク 15~20片
 アンチョビ(フィレ)90g
 オレガノ等のハーブ(これはお好みで)

野菜(なんでもOK)
 
茹でたジャガイモ
 茹でたインゲン
 茹でたブロッコリー
 セロリ
 チコリ
 パプリカ
 ラディッシュ などなど
 バゲットにも合います。

ー作り方
1. 1片ずつに分けたニンニクとオリーブオイルを鍋に入れ、熱します。
    オリーブオイルは熱に弱いので、弱火で煮るイメージ。薄皮の付いたままでOK.
  竹串がすっと通ればOK。薄皮はその時点でつるりと剥けます。

2. 煮立ったら早めに火を止めても、余熱で柔らかくなります。

3. ニンニクを裏ごしする。芽があったら取り除きましょう。

4. 裏ごししたニンニクをオイルの入った鍋に戻す。

5. アンチョビを叩いて鍋に入れる。

6. ゆっくりとかき混ぜてニンニクと混ぜる。

7. 好みでオレガノを加える。

☆ 裏ごし器がなければ、ニンニクとアンチョビを一緒に叩いてペースト状にしてから鍋に  戻してもOK。

☆ また、牛乳で煮る方法もあります。その場合は皮を剥いて切るか潰してください。芽は取り除きます。牛乳の場合は始めは強火。沸騰したら弱火で15分ほど。

☆吹きこぼれや焦げに注意します。柔らかくなったらざるに上げ、キッチンペーパーで牛乳を簡単にふき取ります。

☆ニンニクとアンチョビを一緒に叩いて、 低温に熱したオリーブオイルに入れて焦がさないよう混ぜながら、なじませる。長く煮る必要はありません。

★ 牛乳で煮る場合は皮を剥くのがちょっと面倒。オイルで煮る場合には、ちょっとベタベタする作業が伴いますので、お好み?で、選んでみてください。